BIOGRAPHY


Juna Serita 芹田珠奈

 Born and raised in northern Japan. Started playing electric bass and writing own music at 17. At 18, started bass/vocal solo project, received Grand Prize at the 2011 OSM(Osaka School of Music) High School Music Camp. Grand Prize at the 2012 Northern Japan Indies Battle, as a reward, live performances were aired on TV for a year. Was invited to Korea for an Outdoor Music Fest, appeared on Korean TV.
After graduating high school, moved to Tokyo receiving a full scholarship to Showa University of Music.
2013, joined “BLUES SISTERS from RESPECT” (iTunes Blues Chart #1). Formed all girls band “SORAMIMI” as leader/bass, CD debut 2014, 6 singles/2 albums so far, picked up by Yahoo! news, 1 single being used by a news show.
Appeared at Fuji Rock Festival(Biggest Rock Fest of Japan) 2014 & 2015 as “SHOKA OKUBO BLUES PROJECT”(ex-BLUES SISTERS).
This band played opening for Chris Duarte Group “Lucky 13 2015 Japan tour” and Todd Wolfe Band “Miles To Go 2015 Japan tour”.
“SHOKA OKUBO BLUES PROJECT” are on-going.
Juna Serita was selected #1female bassist for 2016 by the Web Rock Magazine “BEEAST”.
At The 2017 Winter NAMM Show, as bass demonstrator at the VEMURAM Booth, Played with Matt Schofield, Josh Smith, Kirk Fletcher, Adam Miller, Tomo Fujita. Learned how to stretch , exercise , attitude as a musician from Darryl Jones who saw the performance then.

 

 

ブルーハーツのストレートな歌詞に衝撃を受け11歳からギターを使って作詞・作曲を始める。
17歳、作曲のためにドラム・ベースも少し触ってみるが、その中で1番上達が早かったベースでプロになることを決意。マキシマムザホルモンのコピーバンドを始め今沢カゲロウ氏の前座を務める。翌年からベースボーカルでのソロ活動を開始。OSM high school music campグランプリ、北陸インディーズバトルグランプリを獲得。その特典として韓国のフェスに招待されゲスト出演、3日間メインステージでパフォーマンスする。ライブ映像とインタビューが現地TVで放送される。また、石川テレビにて1年間天気予報のバックでライブ映像が放送される。

高校卒業後は給費制(学費免除)として音楽大学に入学しベースを櫻井哲夫氏(ex CASIOPEA)・白船睦洋氏に師事。上京直後から箱バンのアルバイトを始め、ほぼ毎日朝まで演奏し読譜力が鍛えられる。20歳から音楽教室にてベース講師を始め、人に教える楽しさを学ぶ。

大学の試験でノリノリでベースを弾く姿が好評をよぶ。講師陣に顔と名前を覚えてもらい、ライブで共演するようになる。
ギタリスト稲葉政裕氏による「1年生のベースの女の子ですごい子がいる」という噂を聞いたブルーズギター女史・大久保初夏から彼女のユニットBLUES SISTERS from RESPECT( i TUNEブルースチャート シングル・アルバムW首位獲得)にベーシストとしてオファーされる。(稲葉氏が言った「すごい」はベースではなくキャラの事だったと後に判明)これをきっかけにブラックミュージックに興味を持ち始める。その後大久保初夏を中心としたトリオバンドSHOKA OKUBO BLUES PROJECTにも参加し仲井戸CHABO麗市(RCサクセション)・近藤房之助(BBクイーン)・フッシー小林&フラッシュ金子(米米CLUB)・菊田俊介・Ichiro等と共演。FUJI ROCK FESTIVALに2年連続で出演する。Todd WolfやChris Duarteの来日公演の前座​も務める。

ガールズバンドに憧れがあったため自身が中心となりメンバーを集め「SORAMIMI」を結成。6枚のシングル・2枚のアルバムをリリース。音霊や日比谷野外音楽堂にて行われるNAONのYAONに出演。応援歌「FREE BIRD」がテレビ神奈川甲子園ニュースのテーマソングになる。渋谷チェルシーホテル・渋谷WWW・新宿ReNY・TSUTAYA O-WEST・渋谷WWW X・大阪アメリカ村クラッパー・大阪RUID・名古屋ell.SIZE 等でワンマンライブを行い、2017年3月24日〜活動休止。

Web Rock Magazine BEEASTによる次世代女性ミュージシャンNo1を決める投票式のコンテスト「俺の女神」にてベーシスト部門1位を獲得。

世界最大の楽器フェアNAMM SHOW 2017でVEMURAMブースにてベースデモンストレーターを務める。Matt Schofield, Josh Smith, Kirk Fletcher, Adam Miller, Tomo Fujita等のギタリストと共演。幸運にも、パフォーマンスを見たDarryl Jonesから演奏前のストレッチ・エクササイズ・ベーシストとしての心得を教わる。

Sonyから発売されているmotion sonicのテレビCMのベーシスト役に抜擢され演奏する。s**t kingzを始めとする多数のダンサーとコラボレーションする。

Gt.法田勇虫/Key 大久保治信/Dr.岡井大二 等と共に定期的にJeff Beck トリビュートライブを始める。

2017年9月〜12月、英語力を上げるためにBaguio,Philippines に語学留学。平日は勉強、週末はミュージックバーの箱バンに飛び入りしてパフォーマンスする。

​内田裕也氏主催のNEW YEAR WORD ROCK FESTIVALに2017,2018出演。

現在ソロ・サポート・セッションホスト等 幅広く活動中。ファンク・ブルーズ・フュージョン系の活動が多いもののメタル・プログレ・Pops歌もの何でもやる。

目標はジャズライブオファーが増えること。

夢は 音を聞いただけで”Junaのグルーヴだ”とわかるベーシストになること。

​共演アーティスト:  WIP / 原由実/コアラモード. /仲井戸”CHABO” 麗市 / 近藤房之助 /  菅沼孝三/Yashiro / Ruca / 打田 十紀夫/法田勇虫/フラッシュ金子/フッシー小林/ 高橋マコト/Ichiro / Saku / Tokio Uchida/ Chicana /Tomo Fujita/ Matt Scofield / Josh Smith /Kirk Fletcher / Rie a.k.a. Suzaku / Shunsuke Kikuta / Adam Miller and so on…

 

https://www.instagram.com/p/BdQZbpmgn2D/?taken-by=junaserita

https://www.instagram.com/p/BQMIWlYBqZs/?taken-by=junaserita